除毛クリーム口コミランキング!ムーモ・パイナップル豆乳除毛クリームなど

除毛クリームランキングの除毛タイムス

除毛クリーム

脱毛 除毛 抑毛の違い

投稿日:

脱毛とは

脱毛とは「根元から毛を取り除く」ことです。

発毛のメカニズムは、毛細血管から毛乳頭に栄養素や酸素が取り込まれていき、毛母細胞が細胞分裂することで毛が作り出されます。

専用の脱毛機では毛乳頭に光やレーザーをあてて、毛乳頭を弱らせたり破壊して毛を作りにくくしたり完全に毛を作れないようにしているんです。

脱毛サロンやクリニックの広告でよく目にする「永久脱毛」とは、『最終脱毛から1か月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること』を差しています。

永久脱毛だとうたっているから脱毛をしたのに、また毛が生えてきた!とならないためにも永久脱毛について理解しておきましょう。

自宅で脱毛をする場合も根元から毛を取り除くため、次に生えてくるまでの期間が長いというのも特徴です。

脱毛の種類

一言に脱毛といっても、脱毛方法はいくつか種類があるんです。

ご家庭で自分でできる脱毛、エステやサロンに通って専用の機器で行う脱毛があり、費用や期待できる効果もそれぞれ違ってきます。

「高いお金を出して脱毛したのに、思っていたのと違う!」となってしまわないように、自分の目的や肌に合った脱毛方法をしっかり調べましょう。

それでは脱毛の種類をご紹介いたします。

・ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、ヨーロッパやアメリカでは最もポピュラーなアンダーヘアの脱毛のことで、専用のワックスを塗ってシートを張り付けて一気に剥がすことにより、毛を毛根から抜き取る脱毛方法です。

シートを剥がすときに毛が抜ける痛みがありますので、少しの覚悟が必要になります。

アンダーヘア以外にも脚や腕の毛を脱毛することもでき、顔専用のワックスもありますよ♪

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、アンダーヘアなど一時的に脱毛したい方におすすめです。

・家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はエステやサロンの脱毛器と似ており、フラッシュ式(IPL光)とレーザー式の2種類があります。

お店まで通う必要がなく自分の好きな時間にできるのがメリットですが、やはりエステやサロンの専門機械での施術に比べると効果が薄いのがデメリットです。

家庭用脱毛器は、カートリッジの交換が必要なモノ、交換不要の使い捨てのものがあります。

初期投資のみで使い続けられるわけではなく、継続して費用もかかるためよく調べて購入しましょう。

エステ(光脱毛)とは

光脱毛ではムダ毛を処理したい部分に光を当てます。

この光は黒い色にだけ反応する性質があり、黒い色の毛根(毛乳頭)を光エネルギーの熱で焼くことでダメージを与え、発毛のサイクルを抑えることができるんです。

光脱毛にもいくつか種類があり代表的なものだと

・IPL脱毛(Intense Pulse Light)

・SSC脱毛(Smooth Skin Control)

・SHR脱毛(Super Hair Removal)

など、ジェルを使用するもの、痛みが弱いものがあります。

身体のどの部分を脱毛したいのか、産毛が多いのか、肌が黒いのかなど自分の毛質や肌質に合った光脱毛の施術を受けましょう。

ただしこの光脱毛、毛乳頭にダメージを与え半永久的な効果が得られるのは確かなのですが、毛乳頭を完全に破壊することはできないため「永久脱毛」ではありません。

全身脱毛の場合、効果が実感できるまでに約半年(3回)、自己処理が不要になるまでに約2年(12回)かかります。

後述する医療脱毛と比較すると時間はかかってしまいますが、安く済む、痛みがあまりないなどのメリットもあるんです。

クリニック(医療脱毛)とは

医療脱毛はレーザー脱毛ともいわれており、医療用のレーザー脱毛器を使用するため医療機関でしか行うことのできない脱毛施術方法です。

光脱毛も医療脱毛も毛乳頭にダメージを与えて、脱毛するという基本的なメカニズムは同じなのですが、レーザー脱毛は効果が高く、毛乳頭を完全に破壊するため「永久脱毛」が可能になります。

医療脱毛は1回の施術でえられる効果がとても大きく、1~2週間で毛が抜け始め、全身脱毛の場合だと約1年(5~8回)で自己処理が不要になるんです。

レーザー脱毛は肌の奥に熱を伝えることにより、細胞が活性化しコラーゲンの生成を促す効果もあるため美肌効果にも期待ができ、肌の仕上がりも綺麗になりますが、施術費用は光脱毛と比較すると高くなってしまいます。

脱毛のメリット

・自分でムダ毛処理をする手間が省ける

毛はずーっと生えてくるものなのでムダ毛処理って終わりが無くて、面倒になって脱毛に通い始める方が多いのではないでしょうか。

ムダ毛処理をする必要がなくなるのは、時短にもなり大きなメリットですね。

医療脱毛の施術を受ければ「永久的に」毛が生えなくなるのも、他にはない大きなメリットでしょう。

・肌が綺麗になる

ムダ毛の自己処理って肌にとってはかなり負担が大きいんです。

カミソリ負けや脱毛クリームが肌に合わなかったりと、大きなトラブルはなかったとしても知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまっています。

脱毛をすることにより自己処理の頻度が少なくなり、肌への負担も減らすことができますよ。

脱毛のデメリット

・お金がかかる

サロンや医療機関で脱毛施術してもらう場合も、家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛をする場合も、お金がかかってしまいます。

脱毛の中では比較的安くすむブラジリアンワックスも、毛が生えてきたらまたサロンに通うか専用のワックスを使用する必要があるため、長い目で見るとお金がかかってしまうんです。

・時間と手間がかかる

サロンや医療機関で脱毛をする場合最低でも1~2年は通い続ける必要があります。

途中でやめてしまうと脱毛を始める前と同じようにムダ毛が生えてきてしまうので、ちゃんと脱毛をしたい方はサボらずに継続的に通い続けなくてはいけません。

ブラジリアンワックスの場合も同様、2~3週間おきにサロンまで足を運ぶか自分で処理をする手間があります。

脱毛はこんな人におすすめ

脱毛は「とにかくムダ毛の自己処理が面倒!」という方にお勧めです。

サロンでの施術は自己処理の頻度が少なくなり、医療機関での施術は永久的にムダ毛が生えなくなるため、これから先のムダ毛処理に費やされる時間は大幅に短縮されます。

ブラジリアンワックスは月に1~2回の処理で済み楽ちんです。

肌への負担が気になる方も脱毛はお勧めできますよ。

毛穴がキュッと引き締まり目立ちにくくなるほか、引き締まることにより毛穴汚れも防げるためニキビ予防にもつながります。

肌が弱く自己処理の度に肌荒れに悩んでいた方はとくに効果が実感できるでしょう。

脱毛のためならお金と時間、手間を惜しまない!という思いがある方は、迷わず脱毛をおすすめします。

除毛とは

除毛とは「肌の表面に出ている目に見える毛だけを処理する」ことです。

先ほど紹介した脱毛は肌の内部にある見えない部分も処理するため、除毛と脱毛には大きな違いがありますね。

自宅で手軽にでき、ムダ毛の自己処理ではもっとも広く使われているカミソリ(剃毛)やシェーバーですが、これも除毛に含まれるんですよ。

市販の除毛クリームもその名の通り、肌の表面の毛だけを処理するためのクリームなんです。

除毛では毛をすべて抜き取るのではなく見えている部分だけ抜き取るため、肌の見えない部分にはそのまま毛根が残ります。

そのためまた毛が生えてくるまでの期間が早く、こまめなお手入れが必要になるのが特徴です。

除毛の種類

除毛で使用するアイテムは、ドラッグストアやコンビニなどで簡単に手に入れることができるんですよ。

手軽にできるからこそ、使用する上での注意点はしっかりと理解しておきましょう。

それでは除毛の種類をご紹介いたします。

・除毛クリームとは

除毛クリームは「薬剤が毛の主成分であるたんぱく質を溶かす」ことで毛の処理をしているんですよ。

肌に直接塗るものなので肌への負担が大きく、肌荒れを起こすリスクも 大きくな あります。

使用する前には必ずパッチテストをしましょう。

クリームを塗ってから待つ時間を守らないと毛が少し残ってしまったり、肌への負担も どんどん 大きくなってしまいます。

長い時間置きすぎず、こまめにチェックしながら使用するようにしましょう。

除毛クリームはカミソリに比べると毛を処理した後の断面がとがらないので、肌の滑らかさが持続するのが特徴です。

・除毛パッドとは

除毛パッドは研磨剤がついたパッドを肌にくるくるとこすりつけムダ毛を絡めとるアイテムで、手のひらサイズの除毛パッドの他にも、背中の産毛取り用のタオルタイプもあります。

ドラッグストア以外に100円均一にも売っているので、気軽に試せるのが良いですね。

ムダ毛以外にも、肌の角質除去もできちゃうので美肌効果もあります♪

ただし強くこすりすぎると逆に肌を痛めてしまうので、力加減には気を付けてくださいね。

産毛などの細い毛には効果的ですが太い毛は除毛しづらいため、部分的に使用するのが良いでしょう。

除毛のメリット

・安い

除毛で使用されるアイテムは1000円前後で購入できるものが多く、脱毛と比較するととても安いですね。

・手に入れやすい

除毛でよく使用されるカミソリや除毛クリームは、ドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入れられます。

コンビニでも24時間いつでも買えるのは大きなメリットですね。

・自宅で手軽にできる

カミソリも除毛クリームもムダ毛が気になった時に、サッと自己処理ができるのでお風呂のついでにやっている方も多いのではないでしょうか。

・効果がすぐに実感できる

ムダ毛処理の方法の中ではダントツに効果がすぐに実感できます。

急に水着やドレスを着る予定が入ってしまい、急いでムダ毛を処理しないといけない場合は除毛が良いですよ。

除毛のデメリット

・肌への負担が大きい

カミソリでの除毛は、肌を傷つけてしまい、毛穴が開いたり埋没毛やカミソリ負けの原因になってしまうこともあります。

カミソリでの除毛をするときはなるべく古い刃は使わずに、こまめに新しいものに取り換えるようにしましょう。

除毛クリームも同様肌トラブルを起こす可能性があるのです。

除毛クリームは薬剤であり毛を溶かすための成分が多く含まれているため、人によっては肌トラブルにつながります。

人によっては、敏感肌用を使用してもピリピリしたという声もありますので、敏感肌用でもパッチテストは必ず行ってくださいね。

・毛が生えてくるのが早い

除毛はあくまでも見える部分だけ処理をしたに過ぎないので、肌の中には毛根が残っています。

そのためまた見えるようになるまでがとても早いです。

こんな人は除毛がオススメ

・とにかく早く効果を実感したい人

除毛は使用した瞬間から効果が実感できるのが大きなメリット

明日や明後日にでもすぐにムダ毛を処理したいという方は、一番手軽でかつ効果がすぐに実感できる除毛にしましょう。

・あまり大きなお金は出せない...安く手軽にムダ毛を処理したい人

脱毛には興味あるけど金額が高いし今は手が出せないな...という方にはもっとも安く簡単に済む除毛がおすすめです。

ただし除毛で使用するカミソリや除毛クリームは消耗品のため、古くなったり無くなったら新しく買う必要があります。

長い目で見ると脱毛よりも高くついてしまうこともあるので、脱毛を考えている方はコスト面もしっかり下調べをして決めると良いでしょう。

抑毛とは

抑毛とは毛の成長を抑制し毛を薄く目立たなくさせることです。

抑毛では抑毛剤が使用され、抑毛剤には女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンが主成分として入っているものが多くあります。

イソフラボンがムダ毛が濃く生える原因となっている男性ホルモンの効果を抑え、結果的に毛が薄くなったり毛の成長を遅らせることができるんです。

イソフラボンは抑毛だけでなくスキンケアの効果も期待できますよ。

脱毛や除毛は効果がすぐに実感できますが、抑毛は抑毛剤を少なくとも2~3か月は使用し続けないと効果が出ません。

効果がでても毛が完全になくなるわけではなく産毛のように目立たなくなるだけなため、効果の感じ方も脱毛や除毛とは大きな差があります。

抑毛の種類

抑毛では肌に直接抑毛剤を塗る方法が最もポピュラーで、スキンケアの一部としても使えるほど肌に優しく、美肌効果も期待できる抑毛剤が多くあるのが特徴です。

それでは、よく使われる抑毛剤について詳しくご紹介いたします。

・抑毛ジェルとは

抑毛ジェルはジェル状で伸びもよくさっぱりした付け心地ですが、長時間保湿してくれるのが特徴の抑毛剤です。

普段のスキンケアを1つにまとめつつ抑毛効果も欲しい!という方にはおすすめな抑毛剤ですよ。

顔にも使用できますが、夏の暑い季節はボディ用として使用するのがおすすめ!

冷蔵庫で保存しておき冷たいジェルを塗ることで気分のリフレッシュと肌のクールダウン、毛穴の引き締め効果も期待できるので、是非お試しください♪

・抑毛ローションとは

抑毛ローションは水状の見た目も使用感もサラッとしたものが多い、化粧水のような抑毛剤です。

入浴後の毛穴が開いている状態のときに塗り込むことで肌への浸透もよくなるため、洗顔後やお風呂の後など肌が清潔な時に塗るようにしましょう。

カミソリや除毛クリーム、除毛パッドを使用した後のケアとしても使用することで、より効果  を期待できますよ。

抑毛ローションだけでは保湿効果はないため、ローションを塗ったらクリームでしっかり保湿してあげましょう。

・抑毛石鹸とは

抑毛石鹸とは、抑毛効果のある成分の含まれた石鹸のことで、多くの製品が美容成分や保湿成分も含んでいる化粧品となっています。

お風呂で使用しているボディソープを抑毛石鹸に変えるだけで、ムダ毛が徐々に薄く目立たなくなるという優れものなんです。

使用するときはよく泡立ててマッサージをするように優しく洗い上げましょう。

ボディタオルを使えば抑毛ジェルやローションが使いずらい背中もしっかり洗えるので、併せて使うのがおすすめですよ。

お風呂上りには抑毛ジェルやローションを使えばさらに効果が期待できるでしょう。

抑毛のメリット

・肌に優しい

抑毛剤は化粧品なので、一般的なスキンケアに使用される化粧水やジェルと同じような成分が含まれており、プラス抑毛効果のあるイソフラボンが主成分として含まれているのです。

そのため敏感肌の人でも普段のスキンケアの代わりとして使用することができちゃいます。

お子様向けのものもあったり、妊娠中の方も使用できますよ。

抑毛効果のない商品と同じように人それぞれ合うもの合わないものもあるので、自分に合った抑毛剤を探しましょう。

・毛が完全になくならない

抑毛のデメリットでありメリットでもあるのが「毛が完全になくならないこと」です。

眉毛やデリケートゾーンなど、完全に毛をなくすのは嫌だが薄く目立たなくしたい場所に使用するにはうってつけの方法ですよ。

抑毛のデメリット

・効果が実感できるまでに時間がかかる

抑毛は毛を剃ったり、抜いたり毛を直接処理するのではなく、結果的に毛が目立たなくなるよう肌に対して働きかけるため、毛の生える周期に合わせて効果が徐々に実感できます。

・効果が得られない人もいる

抑毛剤の効果には個人差があり、効果が 実感できるようになるには2~3か月かかるため、少なくとも2か月はなるべく毎日使用し続けるようにしましょう。

ケチケチして抑毛剤を少しづつ使うのも効果が薄れてしまいます。

適量を塗るようにしてくださいね。

・長く使用し続けるとお金がかかる

抑毛剤はすぐには効果が出ず使用をやめるとまた毛が濃くなってしまうため、抑毛効果を持続するためには使用し続けないといけません。

抑毛剤は消耗品なので使用し続けるには、結果的にお金がかかってしまいます。

こんな人は抑毛がおすすめ

・毛を完全に処理するのではなく薄く目立たなくしたい人

友人や恋人と旅行に行く時などに一緒にお風呂に入る機会がある場合、アンダーヘアなど完全に毛はなくしたくないけど、今よりも薄く目立たなくしたい場所に使用するのにおすすめです。

・肌が弱く荒れやすい人

これまで自宅で除毛を試してみたけど、肌が弱くてどれも荒れてしまい使用を続けられなかった方は、化粧品として区分されている抑毛剤を使用するのをおすすめしますよ。

・とにかくめんどくさがり屋で普段やっているスキンケアに抑毛を取り入れたい人

毎日除毛をするのが面倒だけど今あるムダ毛は何とかしたい。

せめて目立たなくなれば...という方は普段やっているスキンケアに抑毛ジェルやローション、抑毛石鹸を取り入れて使用し続けるだけで、毛が薄くなってきますよ。楽ちんですね!

-除毛クリーム

Copyright© 除毛クリームランキングの除毛タイムス , 2019 All Rights Reserved.